日用品としての芸術―使う人の立場から / 横山 貞子

日用品としての芸術―使う人の立場から / 横山 貞子
日用品としての芸術―使う人の立場から / 横山 貞子 / 晶文社 1979年 / 190x136mm / 211ページ / hardcover / 1,200円+120円=1,320円 / ※状態、カバーに2か所、小さな当たりキズがありますが、他に問題ありません。

●書籍の説明、
“どんなに形が好ましくても、水切れのわるい急須は困りものだ。食器や家具、住まいなどを、使い手の立場から考えなおしてみたい。日本とイギリスの注ぎものくらべ、嫁入り道具への疑問、機械製と手づくりの問題、さらに履きものをぬぐ文化や、“いかもの”がもつ活力について等。生活の豊かな全体性をめざす、生き生きとした現代日用雑器考。”(カバー袖紹介文)

目次:
第一章 日用食器と民芸
 1 「垂れること困るです」/2 はこぶ、洗う、拭く、しまう
第二章 雑器を使う者の立場
 1 「用」から見て/2 記憶のなかの民芸運動家/3 えらぶことの自由
第三章 注ぎものくらべ―日本とイギリス
 1 最下級品のポット/2 『土瓶考』と『ポットの歴史』/3 機械製と手づくりのあいだで
第四章 茶の湯といかもの
 1 日本の食器と茶の湯/2 茶の湯批判の書二つ/3 ものを転用する力/4 模倣のなかの創造性/5 高価なものはいいものか
第五章 民芸風建築の未来
 1 民芸風建築とは/2 タウトが暮した日本/3 タウトの仮住まい体験/4 都市の住まいが求めるもの/5 農村の住まいの伝統離れ/6 いかもの建築の活力
第六章 履きものをぬぐ
 1 その生活文化圏/2 靴をぬぐ暮しのいかもの性/3 ほろびゆく木造小学校/4 履いたままの所、ぬぐ所/5 靴をぬぐ暮しと近代化
第七章 現代の雑器は機械でつくられる
 1 「たくみ」工芸店の創始者/2 吉田璋也が気づいた矛盾/3 自然保護と民芸運動/4 工業化社会のなかで
第八章 手づくりが活きる場所
 1 嫁入り道具への疑問/2 生命の永い家具/3 昔の家具と暮す―松尾と民芸生活館が示すもの/4 ひとりひとりのために―障害児用の椅子
第九章 女の仕事から男の仕事へ
 1 世話をする能力/2 男女分業の不幸せ/3 もうひとつ「公」
あとがき
¥1,320 SOLD OUT

※OVERSEAS not international shipping service available

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 送料全国 500円均一

    全国一律 ¥500
  • レターパックライト

    ポスト投函になります。

    全国一律 ¥300

通報する

関連商品

  • Amish Crib Quilts  /  Rachel T. Pellman Amish Crib Quilts / Rachel T. Pellman ¥1,320
  • ボナムズ・オークションカタログ 1993年 ボナムズ・オークションカタログ 1993年 ¥3,850
  • The Harmony Guide to Knitting Stitches  / Lyric Books The Harmony Guide to Knitting Stitches / Lyric Books ¥1,430

ショップの評価

TOP

SEARCH

CATEGOLY

GUIDE